整体になるにはポイントをおさえる【大切な情報を確認】

目の専門家

女性

高齢化社会で需要が高まる

視能訓練士は、医師の指示により目の検査や視能矯正、リハビリを行います。視能訓練士は主に病院の眼科やリハビリ施設で働いていますが、この他企業や学校の集団検診のスタッフとして働くケースがあるなど、活躍の場が広がっています。視能訓練士の業務で最も多いものは、目の検査です。視力や眼圧、視野等の検査を行い、その結果を元に医師は治療の方針を決めていきます。視機能矯正は、子どもに多い弱視や斜視、眼球運動の苦手さを訓練で改善していくものです。近年は高齢化社会の進行に伴い、高齢者の目の見え方が大きくクローズアップされています。高齢者が、視力の衰えを補助するルーペや単眼鏡などの道具をうまく使えるように指導したり介助することも、視能訓練士の仕事として期待されています。視能訓練士になるには、養成課程のある大学や専門学校で学び、修了後国家試験に合格することが必要です。資格職の中には合格しても期限が設けられているものがありますが、視能訓練士は合格すると一生涯保持することができます。そのため、結婚や出産等でキャリアが中断しても、再度視能訓練士として働くことが可能です。そのため、女性の人気が高くなっています。また、先にあげたように高齢化社会の進行が急ピッチとあって、高齢者の目の検査やリハビリの需要が高く、視能訓練士を求める病院が増加中です。視能訓練士は、看護師のように夜間の勤務はほとんどなく日中で定時が多いことから、子育て中の女性に働きやすい環境とあって、今後ますます人気が高まるとみられています。

Copyright© 2018 整体になるにはポイントをおさえる【大切な情報を確認】 All Rights Reserved.