整体になるにはポイントをおさえる【大切な情報を確認】

カウンセラーの基礎知識

カウンセリング

医療のカウンセラーとは

ストレス社会と呼ばれる現代では、うつ病などの精神疾患の治療としてカウンセリング療法が採用されることが多く、心理カウンセラーの需要が高まっていると言えます。しかし、心理カウンセラーにはいくつかの種類があり、しっかりと基礎知識を持って目的に合った資格取得を目指すことが大切となるでしょう。心理カウンセラーの資格の幅は広く、カラーセラピーやアロマセラピーなども含まれることがありますが、医療現場で活躍できる心理カウンセラーの資格は臨床心理士に限られます。臨床心理士は大学院での学びに加えて難関の試験を突破する必要がある高度な心理カウンセラーの資格で、取得が難しい分、信頼性が非常に高いライセンスと見なされています。臨床心理士の資格は一般的に心理学系の学部を学士を取った後、資格取得が可能な指定大学院に進学、実践的な訓練を積んで試験を受けることで取得できます。しかし、最近では心理系の学部卒でない方が通信制の大学を利用し、心理カウンセラーの資格取得を目指すケースも増えています。心理カウンセラーの資格として認定心理士が挙げられることがありますが、こちらは心理学の基礎知識を持っているという証明になるライセンスであり、臨床心理士のように医療現場で働くことはできないので注意しましょう。また、臨床心理士は民間資格となっていますが、国家資格化の動きもあるため、常に試験やライセンスの最新情報に気を配ることも必要です。

Copyright© 2018 整体になるにはポイントをおさえる【大切な情報を確認】 All Rights Reserved.