整体になるにはポイントをおさえる【大切な情報を確認】

鍼灸

学校の選び方を知って

鍼灸師として働くにはそれぞれの国家資格が必要です。鍼灸が学べる学校ではあんまマッサージ指圧師の資格がとれるところもあり、そちらの方がおすすめです。また実技指導のときに現場にでている講師が指導しているかもポイントとなります。

詳しく見る

女性

目の専門家

視能訓練士は目の検査と視能矯正、リハビリを行います。主な職場は眼科のある病院やリハビリ施設です。視能訓練士になるには養成課程のある大学や専門学校を修了後国家試験に合格することが求められます。視能訓練士の資格は生涯保持できるため出産等でキャリアが中断しても再就職が可能とあって女性に人気の仕事です。

詳しく見る

カウンセリング

カウンセラーの基礎知識

心理カウンセラーには多くの種類がありますが、医療現場で働けるのは臨床心理士と呼ばれる有資格者のみで、指定の大学院の修了と試験の合格が資格取得に必要です。臨床心理士は国家資格化の動きがあるので、認定心理士など類似した心理系の資格と混同しないように注意しつつ、試験・資格の情報に注意しましょう。

詳しく見る

女性

心理の専門職になりたい

心理カウンセラーという資格があるわけではありませんが、産業カウンセラーや臨床心理士を取得するとカウンセラーとして働けます。しかし、前者は低コストですが産業領域限定の活躍しかできず、後者はあらゆる領域で活躍できますが費用がかかります。近年では公認心理士も創設されましたがこちらはコストは未知数です。

詳しく見る

整体

病院等色々な場所に就ける

整体師になるには専門学校で学ぶ事が一番の近道です。基礎から応用まできめ細かく指導しているので、卒業する頃には立派な整体師になる事ができます。また、整体師になる事で色々な場所に就職できるのが大きなメリットです。

詳しく見る

社会人から目指せる

整体

夢の実現に向けて

整体師は東洋医学を基に指や手を使い全身の筋肉や骨格を調整する仕事です。肩こりや、神経痛などを予防、改善する事で人間が持つ自然治癒力を高める事を目指します。では整体師になるにはどうすればいいのでしょうか。整体師はあん摩マッサージ師と異なり国家資格ではありません。ですから社会人から整体師になる人は案外多いのです。整体師になるには先ず専門的な知識やテクニックを学ぶために整体スクールに通う事が一般的です。社会人なら夜間や週末コースもありますから働きながら気軽に学べます。通学が容易でない人には通信教育を利用して習得する事も可能です。整体師になるには整体スクールや通信教育だけでは難しく、実践で整体をやる事をお勧めします。先ずは整体院に見習いとして働かせてもらうのです。現役の整体師から技術と知識を学ぶ絶好のチャンスです。しかし整体院に働くにしても、その整体院が人を育てられるかどうか見極めておく必要があります。一方で整体師の仕事は患者の体の不調に対して独自の手技で精神的、肉体的にも癒しを与えるものです。安易な気持ちでは長続きしません。整体師になるには患者の気持ちに寄り添い、奉仕の精神がなければなりません。人を癒し、喜ばれたいと願い、技術の向上に努める事はもとより、常に高いモチベーションを持ち、一人一人の患者に向かう姿勢が大切なのです。技術の向上にはプロ向けの勉強会やセミナーもありますから積極的に参加してみることです。

Copyright© 2018 整体になるにはポイントをおさえる【大切な情報を確認】 All Rights Reserved.